とある夜のワインBAR!

最近のお食事~。
こんなん出てますぅ。
相変わらずですぅ。
予約お待ちしておりますぅ。
ワインBARなのにワインの写真が1枚も無いって!!
どういう事ぉ!!
前菜6種(真子・白子・そら豆・鴨・平目・ホタルイカ)ホタルイカ焼き白子真子煮浸しホタテエスカルゴバター焼き鮎のコンフィ牛タン&トモサンカクグリル鯛めし2筍の吸い物前菜5種(そら豆・ウサギ・鮎・筍・アワビ)筍とホタルイカ蒸し鮑と雲丹鮎の煮びたし揚げそら豆サーモンの西京焼き鴨のオリエンタル子羊のローストフキ味噌の焼き握り食事(フキ味噌の焼きおにぎり・鰹出汁・香の物)

またまた!!

サクラシラーズ入荷ワイン
またもや!やらかした感じ((´∀`))ケラケラ
再入荷・新アイテム・一年ぶりなどなど、ワイン入荷してますYO。
春らしく!気軽に飲めるワインが主体です!
花見に!如何でしょうかねぇ。
サクラ・シラーズ!この時期だけの限定アイテム。
昨年も好評いただいたので、調子こいて今年も仕入れてみました~(*`艸´)ウシシシ

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

ワインBAR!3月4週目

2017年3月4


①Lメテリー・ヴァン・ムスー・シャルドネ・メトド・トラディショナル
  ノンヴィンテージ
  泡白・・・・・・・熟したリンゴの香り 果実が主張する飲みやすい味わい
  生産国・・・・・スランス
  ブドウ品種・・シャルドネ 
  価格・・・・・・・2550円

果実の風味が心地よいフランス産のスパークリングワイン
熟したリンゴの風味が有って、ふくよかな口当たり。
春に似合いの味わいです!
2017年3月4-1Lメテリー・ヴァン・ムスー・シャルドネ前菜7種(寿司三種・新生姜・白子焼・サザエ・フォワグラ)アジ・和牛・鯖焼き白子土佐酢おろし活サザエ旨煮ファワグラのテリーヌとそら豆、蛸
前菜盛り
寿司三種(アジ・和牛・〆鯖・新生姜の甘酢漬け) 
活サザエの旨煮 焼き白子土佐酢おろし フォワグラのテリーヌとそら豆の蜜煮と蛸のスモーク


 

②マラミエーロ・プンタ・ディ・コーレ
  2014年
  白ワイン・・・・・洋ナシ・バナナ・ウイスキーの香り 樽の利いたムルソー的リッチな味わい 
  生産国・・・・・・イタリア アブルッツォ
  ブドウ品種・・・シャルドネ90% トレッピアーノ10%
  価格・・・・・・・・3690円
このワイン昔から重宝してます。
魅力は何とっても樽感でしょうか。
バナナや洋ナシと言ったフルーツの甘い香りは、
樽からの影響も強いと思いますね。
まだまだリリースしたてなので、ウイスキー感が出ておりますが、
時間の経過と共にジャスミンの花のような香りが立ち上ります!
2017年3月4-2マラミエーロ・プンタ・ディ・コーレ鮎のから揚げ
鮎のから揚げ 雲丹・蛸吸盤唐揚げ・モロコシの天ぷら山椒醤油で・・
手間暇間惜しまず作ってます!!




③デントン・ヴュー・ヒル・ヴィンヤード・デントン・シェッド・ピノノワール
  2015年
  赤ワイン・・・・熟した甘いイチゴの香りと紅茶的な芳香性 口当たりスムーズでピュア タンニン控えめ
  生産国・・・・・オーストラリア ヤラヴァレー
  ブドウ品種・・ピノノワール
  価格・・・・・・・3280円
この手の出汁系のピュアな味わいは癒されますね。
ナチュール系の造り手さんとだと思いますが、
くせもなく←重要、飲み心地の良さだけが際立ってますね。
ボリューミーな味わいとは真逆ですが!!良いですねぇ~
大昔~~し飲んだパカレの様なピュアさを感じる味わいです。
しかも安い!!これも重要でしょう。
ダース買いしようかな???実は白も美味いんですよ=。
2017年3月4-3デントン・ヴュー・ヒル・ヴィンヤード・デントン・シェッド・ピノノワールトリッパ鍋
トリッパ鍋 出汁が決め手でしょうか??




④アレハンドロ・フェルナンデス・ティント・ペスケラ・レゼルバ 
  2012年
  赤ワイン・・・・・野性的な香りとシガーが少々 黒いフルーツ タンニン強め まだ固めだが豊かな果実味 上品
  原産国・・・・・・スペイン リベラ・デル・デュエロ
  ブドウ品種・・・テンプラニーリョ
  価格・・・・・・・・5780円
やや田舎の牛舎的野性的な香りが出ていますが、
評論家受けの良い香りなのでしょう!
構成はしっかりとしていてタンニンが強めです。
まだまだ固くしまった印象ですが、
中間にはたっぷりのフルーツが有ってスペインらしさも垣間見れますね。
全体的には上品な仕上がりなので、
温かい年のボルドーの様な風合いが感じられます。
要熟成ワインでしょうね。
2017年3月4-4アレハンドロ・フェルナンデス・ティント・ペスケラ・レゼルバ十勝しばれ牛・ハラミステーキ
十勝しばれ牛 ハラミステーキ 手を掛けた添え物と一緒に。




炊き込み(鮑・ウニ・生のリ)食事(炊き込み・粕汁・ぬか漬け)
食事 アワビとウニと生のリの炊き込み 粕汁 ぬか漬け

4月のカレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です。

ルモワスネ・ペール・エ・フィス テイスティング・セミナー

ルモワスネ・セミナー3ルモワスネ・セミナールモワスネ・セミナー5ルモワスネ・セミナー4ルモワスネ・セミナー8ルモワスネ・セミナー6ルモワスネ・セミナー7ルモワスネ・セミナー2ルモワスネ・セミナー9トゥールダルジャン東京トゥールダルジャン東京2
ここ数年セミナーや試飲会の模様を
ブログやホームページで報告していなかったので!!
偶には良いかと(年中行事過ぎて・・・ね)((´∀`))ケラケラ
UPしましたYO

ルモワスネ・ペール・エ・フィス社の醸造責任者
クローディー・ジョバールさんが初来日すると言う事で!
開かれたセミナー。
ルモワスネ社と言うと古酒を含む
100万本のストックで有名なネゴシアンというイメージでしょうか。
実は2005年から体制が変わり自社醸造を強化する方針で
クローディーさんを招聘、自社畑は今では15ヘクタールまで増え
年々ドメーヌとしての地位を向上していると言った現状でしょうか。
栽培・醸造に置けるポリシーは「あくまで自然体」と言った所でしょう、
栽培はビオ、醸造はブルゴーニュの伝統を重んじ
「クラシカルでピュアな酒質を目指している」とおっしゃっていました。
セミナーでは2種類の白と3種類の赤、セミナー後のフリーテイスティングでは11種類。
ルモワスネらしい熟成感の有るワインから、
若々しくピュアな葡萄ジュースのようなワインまで幅広く楽しませて頂きました。
なんと言ってもこの日の目玉ワインは、残念ながらクローディーさんが生まれる前のワイン
1969年産のシャンボール・ミュジニー。
彼女曰く「1969年と言う年はブルゴーニュに置ける偉大な年」
「残念ながら私が生まれる前で醸造には携わっていないけど…」と
笑って話されていたのが印象的でしたね。
彼女のテイスティングコメントは「スーボワやキノコの香り、キルシュ、ミュジーニーらしい繊細でシルキーな口当たり」
「今でも十分に感じられる葡萄の甘みがとても印象深く貴重な体験」「素晴らしいエレガント」と
そんな風なことをコメントしてたような!!??気がします。
因みにアチキのコメントは!!まぁ良いっか!!って
一応「干しブドウ、紹興酒、キノコ、甘いスパイス、インスタントコーヒーを飲み干した後のカップの残り香、
口当たりは滑らかで甘い印象、煮詰めた杏やプルーンの様な風味、全般的に滑らかで染み入るような旨みと甘味、
少しだけ貴腐ワインのエステル的香り」ってな所でしょうかねぇ~~~。
全く参考になりませんねぇ!
いつも言うのですが古酒は好みが分かれる商材でして!
ちなみにクローディーさんが言ってましたが、
アメリカ市場では古酒は人気が無いそうですが、
逆に日本の市場では古酒は人気だそうです。
これも国民性でしょうか??
ちなみに私の個人的な感想ですが・・・
アメリカ人やオーストラリア人でも、
醸造やワイン業界に携わっている方々の中には
古酒に魅力もしくは関心を感じている方が多く見受けられます。
あくまで個人的な経験からの推測ですが・・・。参考まで。
良い悪いの問題ではないので・・・。
因みにこの古酒は適正な物であったように感じます。
偽物や駄物も多いのが古酒の世界ですからね。
貴重な体験をさせて頂きました事、
輸入業者様に御礼申し上げます。
プロフィール

jirakuya

Author:jirakuya
ワインBAR 営業案内 毎週木・金・土曜日 営業時間19時~23時 要予約
グラスワイン4杯と料理4品のマリアージュコース。
予算(平均)コース1名様 7000円~10000円程度(ワイン&料理)
まどろっこしい事は一切ありません。お客様は何も考えずにテーブルに着くだけ、ワインに合わせた料理とグラスワインを用意しておりますので、只々楽しんで下さい。
コース内訳「ワイン」
グラスワイン4種類4杯提供、総額3000円~5000円程度(店内小売価格3000円~10000円程度の品。アイテムは毎週変更。おかわり大歓迎、ただし追加料金いただきます‼
コース内訳「料理」
4品コース 4500円(前菜2種類、メイン魚、メイン肉。 内容は毎週変更)
飲み足らない方の為のボトルワイン 抜栓料
店内小売価格
2999円までのワイン・・・・プラス1000円
3000円以上のワイン・・・・プラス500円
飲み切れないワインは是非お持ち帰り下さい。

まずは勇気をもって一度体験しみて下さい。ご予約お待ちしております。

運営
(有)中川酒店 栃木県宇都宮市上大曽町331-1
http://nakasake.net/ 電話029-624-8558

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード