今週のワイン10月4週目

2015年10月4

写真右から 

①フェルゲッティーナ・ミッレディ・フランチャコルタ・ブリュット
  2011年
  泡白・・・・・・・爽やかで綺麗な辛口
  生産国・・・・・イタリア ロンバルディア
  ブドウ品種・・シャルドネ
  価格・・・・・・・5300円

②クルティエ・セレクション・ブルゴーニュ・ブラン
  2007年
  白ワイン・・・・・葡萄の風合い広がる滑らかな辛口
  生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ
  ブドウ品種・・・シャルドネ
  価格・・・・・・・・2680円

③シャトー・フォン・シブレ
  2005年
  赤ワイン・・・・コーヒーやカラメルの香り 甘く滑らかな果実味
  生産国・・・・・フランス コルビエール 
  ブドウ品種・・シラー グルナッシュ カリニャン
  価格・・・・・・・2300円

④シャトー・タルボ
  2012年
  赤ワイン・・・・・豊かな果実味 力強い渋みだがのバランス良い 
  原産国・・・・・・フランス ボルドー サンジュリアン
  ブドウ品種・・・カベルネ・ソーヴィニヨン カベルネフラン メルロー
  価格・・・・・・・・8000円

2015年10月4-1スズキのあらいワカサギのふっと揚げ

スズキのあらい ワカサギのフワッと揚げ

あらいにしたスズキは酢味噌でフワッと揚げたワカサギは酢橘と共に!

ワインは①の1000日が売りのスパークリングワインで・・・

①フェルゲッティーナ・ミッレディ・フランチャコルタ・ブリュット
  2011年
  泡白・・・・・・・爽やかで綺麗な辛口
  生産国・・・・・イタリア ロンバルディア
  ブドウ品種・・シャルドネ
  価格・・・・・・・5300円

フェルゲッティーナ以前の記事参照
今回紹介するのは「ミッレディ」と題打たれたワイン。
1000日以上の瓶熟成を経て作られている事を強調してます!

エレガントさと熟成期間の長さからくる複雑な香りがとても印象的。
味わいは通常品に比べて非常にクリアで甘さがありません。
強めの酸味があり、シャンパーニュの様ですねぇ。

前菜を2種類用意。
スズキのあらいは酢味噌でキレ良く、ワカサギは酢橘でさわっと!
酸味の強い辛口のスパークリングがどちらの料理とも相性よく、
杯が進む設定となっておりますねぇ!

2015年10月4-2スズキの蕪蒸し

スズキの蕪蒸し

今週も予約数に対して魚がデカすぎ!
なのでスズキで二種類料理をこさえてます。

ワインは②のブルゴーニュのバックヴィンテージもので・・・

②クルティエ・セレクション・ブルゴーニュ・ブラン
  2007年
  白ワイン・・・・・葡萄の風合い広がる滑らかな辛口
  生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ
  ブドウ品種・・・シャルドネ
  価格・・・・・・・・2680円

クルティエセレクションとは・・・
クルティエと言う職業は、
葡萄農家や生産者とネゴシアンや流通業者の間に入って
様々な仲介業務をする方々。
様々な情報を持っていてワインに係る事の大方の事に介在します。
ブルゴーニュでは約70名(公式登録されている)のクルティエが居るそうですが、
彼ら一人一人に縄張りが有って、基本一匹狼なのだそうです。
一度でも不具合のある商材を紹介したら最後、
即廃業と言う厳しい環境で仕事をしている人達らしいですよ。
怖いですねぇ・・・でも、当たるとデカい仕事なのでしょう!
だから今でも存続している訳ですけらねぇ。
色んな意味で必要な職業とも言えるのでしょうね!

そんなクルティエさん達が日本市場で受けそうな、
お手頃バックヴィンテージワインが今回紹介するクルティエセレクションです。
結構前から取り扱っていますが、重宝します。

2007年のブルゴーニュブラン。
07にしてはまだまだ若い葡萄の風味と甘みが有って飲みやすい。
幾分熟成からくる複雑な風味も御座いますが、
全体的には滑らかな喉越しでスムーズな飲み口。
価格を考えても、良く出来てますね。

柔らかくふっくらとしたスズキと、和出汁の風味と
やっしい味わいの辛口の白ワインは大変良く合ってますね。

2015年10月4-3オマールの紹興酒炒め

オマールの紹興酒炒め

ワインありきで作った一皿。

ワインは③の古酒です。

③シャトー・フォン・シブレ
  2005年
  赤ワイン・・・・コーヒーやカラメルの香り 甘く滑らかな果実味
  生産国・・・・・フランス コルビエール 
  ブドウ品種・・シラー グルナッシュ カリニャン
  価格・・・・・・・2300円

現在はドメーヌ・フォン・シプレと言う名前で販売している生産者のバックヴィンテージもの。
現在はドメーヌ・シャルソネイのオーナーであるフレドリック・コサールや新井順子さん達と共に企画した
ワインを造っているそうで、人気なようですね。
残念ながら当店扱いしてません。

さてかなりの熟成感が御座います。
紹興酒的な甘い香りが強烈な印象です。
味わいは豊かな果実味があって丸く甘い印象。
酸味は穏やかで非常に滑らかな喉越しで御座います。
古酒好きな方は大好きでしょうが・・・古酒嫌いな方には絶対お勧めしません‼

こう言う類のワインは料理と共に味わうと印象が一変します。
これこそが、マリアージュなのでしょう!
たっぷりの紹興酒とスパイスで炒めたオマールはまさしく中華そのもの、
気になっていたあの香りが全然気になりません!
かえって甘い香りが心地よく感じられて、
ワイン本来の果実甘さが引き立って心地よく杯を進めてくれますね。
ボンマリアージュで御座います!

2015年10月4-4和牛ランプ肉のポワレ

和牛ランプ肉のポワレ

そのまんま東です。

ワインは珍しく正統派の④の赤ワインで・・・

④シャトー・タルボ
  2012年
  赤ワイン・・・・・豊かな果実味 力強い渋みだがのバランス良い 
  原産国・・・・・・フランス ボルドー サンジュリアン
  ブドウ品種・・・カベルネ・ソーヴィニヨン カベルネフラン メルロー
  価格・・・・・・・・8000円

正統派ですねぇ。メドック格付け4級の安定感のある造り手さんです。
グタグタと私目の様な物が説明する事もないでしょう。
シャトー・タルボの名前は、
1453年のカスティヨンの戦いに破れたイギリス軍指揮官、
シュースベリー伯ジョン・トールボットにちなんだものだそうです。
イギリスが好きだったのでしょう!なんてたって300年もの間イギリスに統治されてたんですからねぇ、
ボルドーと言う場所はね。
カスティヨンの戦いは100年戦争の終盤の戦いらしいっす!
フランスがボルドーの領土を回復して間もなく、
ボルドー市民達がイギリス復帰をヘンリー6世に懇願して、
イギリスから送られた軍隊の指揮官が、
今回の主役シュースベリー伯ジョン・トールボットなんですねぇ。
歴史ですねぇ~。
ボルドー市民にとっては、名残惜しいイギリスよぉ~って感じだったのでしょうね。

さて、正統派と言うだけあって、バランスの良い風味と味わいは流石で御座います。
古酒古酒と続いたので、現行の新しいヴィンテージのボルドーで〆てみました!
甘みのある渋み、果実味も豊か、香りに少しタールや家畜?の香りが御座います。
樽の風合いが余韻となって感じられますねぇ。
まだ若い印象ですが、みずみずしい果実が有って十分に楽しめますね。

和牛ランプ肉のバランスの良い配合の油感と非常に良い相性となってますね。
ワインが主役な感じは否めませんが…ね!
スポンサーサイト
プロフィール

jirakuya

Author:jirakuya
ワインBAR 営業案内 毎週木・金・土曜日 営業時間19時~23時 要予約
グラスワイン4杯と料理4品のマリアージュコース。
予算(平均)コース1名様 7000円~10000円程度(ワイン&料理)
まどろっこしい事は一切ありません。お客様は何も考えずにテーブルに着くだけ、ワインに合わせた料理とグラスワインを用意しておりますので、只々楽しんで下さい。
コース内訳「ワイン」
グラスワイン4種類4杯提供、総額3000円~5000円程度(店内小売価格3000円~10000円程度の品。アイテムは毎週変更。おかわり大歓迎、ただし追加料金いただきます‼
コース内訳「料理」
4品コース 4500円(前菜2種類、メイン魚、メイン肉。 内容は毎週変更)
飲み足らない方の為のボトルワイン 抜栓料
店内小売価格
2999円までのワイン・・・・プラス1000円
3000円以上のワイン・・・・プラス500円
飲み切れないワインは是非お持ち帰り下さい。

まずは勇気をもって一度体験しみて下さい。ご予約お待ちしております。

運営
(有)中川酒店 栃木県宇都宮市上大曽町331-1
http://nakasake.net/ 電話029-624-8558

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード