ルモワスネ・ペール・エ・フィス テイスティング・セミナー

ルモワスネ・セミナー3ルモワスネ・セミナールモワスネ・セミナー5ルモワスネ・セミナー4ルモワスネ・セミナー8ルモワスネ・セミナー6ルモワスネ・セミナー7ルモワスネ・セミナー2ルモワスネ・セミナー9トゥールダルジャン東京トゥールダルジャン東京2
ここ数年セミナーや試飲会の模様を
ブログやホームページで報告していなかったので!!
偶には良いかと(年中行事過ぎて・・・ね)((´∀`))ケラケラ
UPしましたYO

ルモワスネ・ペール・エ・フィス社の醸造責任者
クローディー・ジョバールさんが初来日すると言う事で!
開かれたセミナー。
ルモワスネ社と言うと古酒を含む
100万本のストックで有名なネゴシアンというイメージでしょうか。
実は2005年から体制が変わり自社醸造を強化する方針で
クローディーさんを招聘、自社畑は今では15ヘクタールまで増え
年々ドメーヌとしての地位を向上していると言った現状でしょうか。
栽培・醸造に置けるポリシーは「あくまで自然体」と言った所でしょう、
栽培はビオ、醸造はブルゴーニュの伝統を重んじ
「クラシカルでピュアな酒質を目指している」とおっしゃっていました。
セミナーでは2種類の白と3種類の赤、セミナー後のフリーテイスティングでは11種類。
ルモワスネらしい熟成感の有るワインから、
若々しくピュアな葡萄ジュースのようなワインまで幅広く楽しませて頂きました。
なんと言ってもこの日の目玉ワインは、残念ながらクローディーさんが生まれる前のワイン
1969年産のシャンボール・ミュジニー。
彼女曰く「1969年と言う年はブルゴーニュに置ける偉大な年」
「残念ながら私が生まれる前で醸造には携わっていないけど…」と
笑って話されていたのが印象的でしたね。
彼女のテイスティングコメントは「スーボワやキノコの香り、キルシュ、ミュジーニーらしい繊細でシルキーな口当たり」
「今でも十分に感じられる葡萄の甘みがとても印象深く貴重な体験」「素晴らしいエレガント」と
そんな風なことをコメントしてたような!!??気がします。
因みにアチキのコメントは!!まぁ良いっか!!って
一応「干しブドウ、紹興酒、キノコ、甘いスパイス、インスタントコーヒーを飲み干した後のカップの残り香、
口当たりは滑らかで甘い印象、煮詰めた杏やプルーンの様な風味、全般的に滑らかで染み入るような旨みと甘味、
少しだけ貴腐ワインのエステル的香り」ってな所でしょうかねぇ~~~。
全く参考になりませんねぇ!
いつも言うのですが古酒は好みが分かれる商材でして!
ちなみにクローディーさんが言ってましたが、
アメリカ市場では古酒は人気が無いそうですが、
逆に日本の市場では古酒は人気だそうです。
これも国民性でしょうか??
ちなみに私の個人的な感想ですが・・・
アメリカ人やオーストラリア人でも、
醸造やワイン業界に携わっている方々の中には
古酒に魅力もしくは関心を感じている方が多く見受けられます。
あくまで個人的な経験からの推測ですが・・・。参考まで。
良い悪いの問題ではないので・・・。
因みにこの古酒は適正な物であったように感じます。
偽物や駄物も多いのが古酒の世界ですからね。
貴重な体験をさせて頂きました事、
輸入業者様に御礼申し上げます。
スポンサーサイト

何だっけ?

IMG_2729.jpgIMG_2732.jpgIMG_2742.jpgIMG_2746.jpgIMG_2745.jpgIMG_2743.jpgIMG_2742_20150306174627782.jpgIMG_2739.jpgIMG_2767.jpgIMG_2763.jpgIMG_2761.jpgIMG_2760.jpgIMG_2755.jpg

たまにはこんな出張も。
何のパーティーだったけ・・・って
一応仕事です。
ワイン試飲とかね!

どんだけぇ~

試飲会

本日も江戸にてワインの試飲会があり日帰り・・・

勿論,私の愛車湘南新宿ライン!

昨年一年で何回位江戸に上ってんべと計算してみたら、

なんと!驚きの50回。

週に一度は上ってんけぇ・・・

驚き。

ワインの試飲会やらワインセミナーなど

出掛けた理由はほぼ全てが仕事。

これも偏にお客様の為と思い

少しでもおいしいワインを紹介出来るように

日々努力しているわけザンス!!

ってカッチョヨク言ってますが・・・

自分が美味しいと思わない商品を並べるのが嫌なだけなんですねぇ。

はっきり言って自己満足の世界です。ハイ。効率悪すぎだもの。ハイ

しかし、拙者には悲しいかな商才が無いと来てる

これでは電車賃も経費で落とせないわけで御座リンスインシャンプー。

せめて足代くらいは儲けなくてはと

今更ながらに気が付いた自分が愛おしい。

過去何年と同じことを繰り返し

これから先も何年も同じことを繰り返す。

頑張れじぶん。

アルザス&ローヌ ワインセミナー

アルザス・ローヌ・ワインセミナー
昨年に引き続き
今年も行われました
『アルザス&ローヌワイン セミナー&商談会』

場所は『八芳園』
綺麗な日本庭園が有り落ち着いた雰囲気がとっても良い所でした・・・が!
下野から行くとなると意外に不便な場所で御座いました。

アルザス・ローヌ・ワインセミナー2

セミナーは2時間の予定で始まりましたが
30分押しで終了。
オモシロキセミナーで御座いました。

アルザス・ローヌ・ワインセミナー3

試飲会場
東京は51社のインポーター様がブースを並べておりました。
当然ですが全てアルザス&ローヌ地方のワインオンリー。

意外に本当の所を知られていない両地方のワイン達。
ノビシロガアリソウデスネ。

ワイン試飲会

ワイン試飲会銀座
先週のことですが・・・
銀座にてワインの試飲会。

RMシャンパーニュを中心に
総数133アイテム

この混雑ぶり!

今週来週と江戸出張が多くて・・・交通費が大変。

シャトーヌフ・デュ・パプ

007.jpg

こちらはマルセイユの丘の上「バジリカ聖堂」からの一枚
残念ながら晴天と行かず・・・快晴ならば海が綺麗に見える予定でしたが残念。

IMG_4231.jpgIMG_4289.jpg

翌日アヴィニヨンからレンタカーでシャトーヌフ・デュ・パプの葡萄畑をドライブ


028.jpg
アヴィニヨンから20キロ弱北上した所にその場所は御座います。
1305年にクレメンス5世が教皇(法王)に就任。通常はローマに戻るのですが、
彼はアヴィニヨンに留まったんですねぇ。だから今でもアヴィニヨンの旧市街には法王庁跡が御座います。
その事が現在に至ってもワイン名に『シャトーヌフ・デュ・パプ』と言う名を残すきっかけになってます。
シャトーヌフ・デュ・パプとは直訳すると「教皇の新しいお城」と言う意味。
法王庁のあるアヴィニヨンから少し離れた場所に築かれた法王の別荘がここ↑。
現在は眼下に葡萄畑を見下ろしながら城跡だけが残っております。


022.jpg
見るからに『ゴツイ』ブドウの木。この辺りはフランス、ローヌ地方の最南端に位置する辺り。
024.jpg
緩やかに起伏が御座いますが見ても解る様にこの辺は殆ど平地です。
016.jpg
畑の上には子供の拳ほどの大きさの石がゴロゴロ。
大昔は川が有った事でしょう。日中の温かさをこの石ころが蓄えて夜間に放出する事が凝縮したブドウを造り出している要因なのでしょう。・・・と教科書的なコメントを少し。でもまぁこれだけ石が有るとそんな蘊蓄も言いたくもなりますわなぁ。

ブドウの木、一本一本に野性味溢れる迫力を感じる産地ですねぇ。

シャトーヌフ・デュ・パプ。

旅はこれからローヌ川を北上して行きます。

ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー トレード・ティスティング 2011

オークラ
ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー トレード・ティスティング 2011
本年はホテルオークラにて開催されました。
相変わらずの混雑・・・昨年よりはましかなぁ。
今年は2008年産のお披露目です。
良すぎない所が好きなヴィンテージ!個人的にね!!
会場はこんな感じです。↓
ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー トレード・ティスティング 2011年1
ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー トレード・ティスティング 2011年2
ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー トレード・ティスティング 2011年3
ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー トレード・ティスティング 2011年5
ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー トレード・ティスティング 2011年4

ワイン試飲会

先週の事

ワインの試飲会の為

江戸出張

1件目の会場にて
人とおうむ2
人とおうむ

2件目はあそこ
第一ホテル


本日は豪快に300アイテム

ワイン試飲会

帝国ホテル花2
帝国ホテルにてワインの試飲会。
ブルゴーニュワインを中心に150種類。
09年産のブルゴーニュワインは良いのは良いのだが・・・
面白みに欠ける気がするのは私だけでしょうか。
贅沢な話ですねぇ。

ワイン試飲会

ワイン試飲会青山
毎度お馴染み
ワインの試飲会

本日は青山にて

ちゃちゃっと終わらせ

夕食までの時間潰しに


思い立ったのが

『PANDA』


休園
撃沈



西郷さん
折角なのでセゴドンにご挨拶

威風堂々

カラスも安心して休んでおりました。


プロフィール

jirakuya

Author:jirakuya
ワインBAR 営業案内 毎週木・金・土曜日 営業時間19時~23時 要予約
グラスワイン4杯と料理4品のマリアージュコース。
予算(平均)コース1名様 7000円~10000円程度(ワイン&料理)
まどろっこしい事は一切ありません。お客様は何も考えずにテーブルに着くだけ、ワインに合わせた料理とグラスワインを用意しておりますので、只々楽しんで下さい。
コース内訳「ワイン」
グラスワイン4種類4杯提供、総額3000円~5000円程度(店内小売価格3000円~10000円程度の品。アイテムは毎週変更。おかわり大歓迎、ただし追加料金いただきます‼
コース内訳「料理」
4品コース 4500円(前菜2種類、メイン魚、メイン肉。 内容は毎週変更)
飲み足らない方の為のボトルワイン 抜栓料
店内小売価格
2999円までのワイン・・・・プラス1000円
3000円以上のワイン・・・・プラス500円
飲み切れないワインは是非お持ち帰り下さい。

まずは勇気をもって一度体験しみて下さい。ご予約お待ちしております。

運営
(有)中川酒店 栃木県宇都宮市上大曽町331-1
http://nakasake.net/ 電話029-624-8558

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード