ワインBAR 2月2週目の内容

2017年2月2
写真右から 

①クリスチャン・ブルモー・キュヴェ・レットル・ア・テール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット
  ノンヴィンテージ
  泡白・・・・・・・チーズ(カールチーズ味)や鉱物的な香り しっかりとした酸味を下支えにした切れ良い味わい 辛口 
  生産国・・・・・フランス シャンパーニュ
  ブドウ品種・・シャルドネ 
  価格・・・・・・・5800円

②ケスナー・シャルドネ・ゲート
  2013年
  白ワイン・・・・・甘い桃の様な香り カスタードの余韻 香りより締まった味わい辛口 
  生産国・・・・・・アメリカ カリフォルニア ソノマ ロシアン・リヴァー・ヴァレー
  ブドウ品種・・・シャルドネ
  価格・・・・・・・・7800円

③ダミアンコクレ・モルゴン・ヴェイイユ・ヴィーニュ・コート・デュ・ピィ
  2011年(自社セラーリング)
  赤ワイン・・・・青紫蘇やハーブ的な香りにスパイスと野性的な香りが混じる 口当たり滑らかで甘味がある
  生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ ボージョレ モルゴン
  ブドウ品種・・ガメイ
  価格・・・・・・・3900円

④モンテラポーニ・キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ・イル・カンピテッロ 
  2011年
  赤ワイン・・・・・獣的な野性的香りと火薬・紅茶の雰囲気もあり フルーツの甘味と旨みが有って滑らか上品
  原産国・・・・・・イタリア トスカーナ
  ブドウ品種・・・サンジョベーゼ90% コロリーノ13% カナイオーロ7%
  価格・・・・・・・・4980円




①クリスチャン・ブルモー・キュヴェ・レットル・ア・テール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット
  ノンヴィンテージ
  泡白・・・・・・・チーズ(カールチーズ味)や鉱物的な香り しっかりとした酸味を下支えにした切れ良い味わい 辛口 
  生産国・・・・・フランス シャンパーニュ
  ブドウ品種・・シャルドネ 
  価格・・・・・・・5800円

もともとは葡萄農家な訳で、
現在五代目が頑張ってる訳で、
創業1870年からな訳で、
どこぞのコントか!?と
言われそうな訳で、シツコイ。

まぁ要はよく出来てんねぇっつう事なんだきっどもぉ。
安いやなぁ!今時分のシャンペ~~ンにしちゃぁよ。
切れ良く爽やかだな。
プラスチック見たいな硬い所が、
ちぃ~とあっけどもぉ
好きな人は好きだんべ?
こな位の硬さわよ。

(誰も読まないだろう事を前提にインチキ栃木弁で書いてるけど・・・だいじ←(これも栃木弁)かな?)

2017年2月2-1クリスチャン・キュヴェ・レットル・ア・テール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット前菜(サラダ・スモークホタルイカ生ハム巻き・スモークサーモンと生ハムとブルサン・パプリカ巻き)仙台牛トモスネ肉煮込み筍と菜の花を添えて椎茸のチーズ焼き

冷前菜(葉物野菜とハーブのサラダ、スモークホタルイカ生ハム巻き(案外定番)・スモークサーモンと生ハムとブルサンをパプリカのマリネで巻いたもの)
温前菜 じっくり煮込んだ仙台牛のトモスネ肉と筍と菜の花、出汁餡かけ
温前菜 椎茸のチーズ(ウォッシュ系)焼き

どれもこれもシャンパン共に!




②ケスナー・シャルドネ・ゲート
  2013年
  白ワイン・・・・・甘い桃の様な香り カスタードの余韻 香りより締まった味わい辛口 
  生産国・・・・・・アメリカ カリフォルニア ソノマ ロシアン・リヴァー・ヴァレー
  ブドウ品種・・・シャルドネ
  価格・・・・・・・・7800円

メリケンには有名な「キスラー」ってワインがあんだきっどもぉ、
そこで葡萄酒作りに携わってんのがこの「ケスナーつう人」らしいんだな。
んでその「ケスナー」つう人がよ、
「キスラー」つうのとおんなじような葡萄酒を作ってるらしいだべなぁ。
んでよ、値段も半額以下だっつうんだからよ、
「キスラー」はべらぼうに高ぇけども、
おんなじような感じで「ケスナー」つうのが有っから
それ飲んでみっぺよ。
ってな感じ分かります?これが今回紹介するケスナーです。

香りからくるパワフルな印象よりも以外に飲んでみるとスマート。
樽の苦みとかが気になる所ですが、
苦みやアクの有る食材と合わせると意外に気にならない。
もう2年くらい寝かせてあげると、
もっとうんまくなんでないかねぇ?

2017年2月2-2ケスナー・シャルドネ・ゲート鰆のイタリア焼き

鰆のイタリア焼き 

イタリア焼ってさぁ、単細胞まっしぐらって感じで安易なネーミングだねぇ。
ワインの苦みと大葉ぺーストのほど良いアクが良く合ってると思いますよ。




③ダミアン・コクレ・モルゴン・ヴェイイユ・ヴィーニュ・コート・デュ・ピィ
  2011年(自社セラーリング)
  赤ワイン・・・・青紫蘇やハーブ的な香りにスパイスと野性的な香りが混じる 口当たり滑らかで甘味がある
  生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ ボージョレ モルゴン
  ブドウ品種・・ガメイ
  価格・・・・・・・3900円

ジョルジュ・デ・コンブつう親の七光り的なニュアンスが強えーけども・・・
いやいや倅も頑張ってんべぇ。
奴さんの代表的なワインがこのワインなんだっきっども、
旨みあって甘味あって酸味あってバランスいかんべぇ。
ナチュール系のワインにありがちな臭さはないねぇ。
良ぐできてっぺね。うんめいよ。
使ってる葡萄も良いだわなぁ。旨みがあっから。

2017年2月2-3ダミアン・コクレ・モルゴン・コート・デュ・ピィフォワグラと牡蠣と鴨の皿

フォワグラと牡蠣と鴨の皿 キンカンとラタフィアのソース

まぁ手間は相変わらず掛かってけどもぉ、
食うのは俺じゃねぇしねぇ。
つべこべ言わず、
評価はお客さんに任せっぺぇ。
ワインとの相性は良いんじゃなえぇかなぁ。




④モンテラポーニ・キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ・イル・カンピテッロ 
  2011年
  赤ワイン・・・・・獣的な野性的香りと火薬、紅茶の雰囲気もあり フルーツの甘味と旨みが有って滑らか上品
  原産国・・・・・・イタリア トスカーナ
  ブドウ品種・・・サンジョベーゼ90% コロリーノ13% カナイオーロ7%
  価格・・・・・・・・4980円

葡萄は2003年から無農薬栽培、
2009年には認定も受けってんかねぇ。
このワイナリーはキアンティの区画の中じゃ、
かなり標高の高い場所に葡萄畑があんだっきっども。
味に出てるわなぁ。
それとさ、作り方も昔風にしてるっつーから、
飲んで納得、酸が効いてるわなぁ。
滑らかな口当たりでよ、濃くはないけど旨みがじっくり出てくるっつう感じでな、
非常にバランスがいかんべ。
香りも単調でない所が良いんだなぁ。

2017年2月2-4モンテラポーニ・キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ・イル・カンピテッロイベリコロースポワレ

イベリコ豚ロース真空調理 山菜のソテー ハーブと柑橘のオリエンタルソース

低温で調理して置いたイベリコを直前に香ばしく焼入れ、
しつこくないし柔らかい口当たり。
バランス良いワインと上手に調和してんねぇ。




食事 海鮮ちらし 

食えねぇー人続出。

過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・・

まぁ・・・・んな所かな。

海鮮ちらしあさりの吸い物
スポンサーサイト

夜明け前 しずくどり 入荷

夜明け前 しずくとり

苦節20年
長野県の地酒「夜明け前」
縁あってお取引が始まってかれこれ20年以上の時が過ぎました。
これも偏に「夜明け前」を常飲して下さる
多くのお客様に支えられたからこそやって来れた事と深く感謝致しております。
皆様ご存じのとおり当店で扱う代表銘柄は二銘柄のみ、
栃木の「大那」と、この「夜明け前」だけ。
情報が錯綜する現代において、
情報通の多くのお客様が来店されては
何もお買い求め頂くことなく帰られる事も度々です。
折角素晴らしいお酒を扱っていてもこれでは・・・、
情報をお伝えする能力の無さに深く反省しております。
情報通のお客様自身が知らない銘柄であっても
1回はチャレンジして頂ける様に、
今後は更に紹介する努力を続けて参りたいと思います。
新たな20年へ、
酒蔵と共に
地道に進みます。

さて!!!本題
夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり 無濾過生原酒
入荷いたしました!
メロンの様な甘いフルーツの香りとほんのり香る青リンゴの様な爽やかな香り、
昔ながらの槽しぼり(ふなしぼり)で絞ったお酒は、
雑味が少なく非常にしなやかな口当たりで水のような透明感のある味わいが楽しめます。
年に一度の限定商品ですが、夏過ぎくらいまで楽しめるように
蔵元様に無理言ってそれなりの本数を確保しておりますので、
ぜひこの機会にお試し下さいませ!

70ML ¥1840 1800ML ¥3460

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

ワインBAR 2月1週目の内容

2017年2月1
写真右から 

①ペルティマリ・ヴァルドビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ
  ノンヴィンテージ
  泡白・・・・・・・青リンゴと花の香り 爽やかで優しい口当たり 辛口 
  生産国・・・・・イタリア ヴェネト ヴァルドビアーデネ
  ブドウ品種・・グレラ 
  価格・・・・・・・2680円

②シャルル・フレイ・シヴァネール・フレッシュール・グルモンド
  2014年
  白ワイン・・・・・生の葡萄と青リンゴの香り 甲州のような瑞々しい辛口 
  生産国・・・・・・フランス アルザス
  ブドウ品種・・・シルヴァネール
  価格・・・・・・・・2100円

③ピエール・ダモワ・ブルゴーニュ・ルージュ
  2014年
  赤ワイン・・・・ほのかな野性味 イチゴやクランベリーの様な赤いフルーツの味わい 香水の余韻 
  生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ
  ブドウ品種・・ピノノワール
  価格・・・・・・・4800円

④アルト・モンカヨ・ベラトン 
  2014年
  赤ワイン・・・・・ジャム、甘い香りの香辛料、バニラ、チョコ、葉巻、等々の香り、芳醇な果実味 後味ドライ
  原産国・・・・・・スペイン アラゴン
  ブドウ品種・・・ガルナッチャ
  価格・・・・・・・・4680円




①ペルティマリ・ヴァルドビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ
  ノンヴィンテージ
  泡白・・・・・・・青リンゴと花の香り 爽やかで優しい口当たり 辛口 
  生産国・・・・・イタリア ヴェネト ヴァルドビアーデネ
  ブドウ品種・・グレラ 
  価格・・・・・・・2680円

何度か登場してますなぁ。
ネタ切れか??
イタリアの泡と言えば、
デイリーなプロセッコか
高めのフランチャコルタって感じだんべか?
個人的にはプロセッコの親しみやすさが好きかねぇ。
泡も心地よい、
爽やかなフルーツ感があって、ドライすぎない所がいがんべ。
難しい!!難解!!とは真逆の設定が、
プロセッコの魅力だかんねぇ。
と言う事は!!早めに飲むべきスパークリングって事。
中には例外もあっけどね。
んな訳でいろんな前菜と合わせて飲んでみてくれっけ。

2017年2月1-1ペルティマリ・ヴァルドッビアーデゼネ・プロセッコ・スペリアーオーレ前菜(ボンタンカンパチと柑橘のサラダ、スモーク牡蠣と生ハム、コハダの棒寿司)

前菜(ボンタンカンパチと柑橘のサラダ、スモーク牡蠣の生ハム巻き、巻かない伊達巻、コハダの昆布巻き棒寿司)
今回も色々と頑張ってみたかんねぇ~。
ミシュランで星は獲れねぇけども、
頑張ること位は誰にでも出来っからね!

気軽なプロセッコに合わせるから、
和に寄った重くない前菜にしてっからね。
いがんべ。




②シャルル・フレイ・シヴァネール・フレッシュール・グルモンド
  2014年
  白ワイン・・・・・生の葡萄と青リンゴの香り 甲州のような瑞々しい辛口 
  生産国・・・・・・フランス アルザス
  ブドウ品種・・・シルヴァネール
  価格・・・・・・・・2100円

この作り手さんのワインは総じて軽やか爽やかな印象。
重すぎるって事が無いから、
疲れるって感じはないんだわ。
2杯3杯と杯を進められる所が魅力だなぁ。
和食系のお店で使って欲しいねぇ。

生の葡萄の香りと青リンゴに
レモンの砂糖漬けみたいな香りが混ざって心地いいね。
ナチュラルで瑞々しい口当たりは、
甲州の様な良い意味でインパクトを抑えたスムーズな印象。

2017年2-2シャルル・フレイ・フレッシュール・グルモンド・シルヴァネール春の天ぷら(タラの芽、行者ニンニク、うるい、セリ、オオエビ、スズキ)

春の天ぷら(タラの芽、行者ニンニク、うるい、セリ、大海老、スズキ)
この時期になっと一回は作る天ぷらは、
今回の白ワインの様な味わいと良く合うんだわ。
完璧にワインありきで作った料理だねえぇ。
うんまいよ。




③ピエール・ダモワ・ブルゴーニュ・ルージュ
  2014年
  赤ワイン・・・・ほのかな野性味 イチゴやクランベリーの様な赤いフルーツの味わい 香水の余韻 
  生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ
  ブドウ品種・・ピノノワール
  価格・・・・・・・4800円

初のお目見え。
ジュブレ・シャンベルタンに4代続くドメーヌ。
創業者はジュリアン・ダモワ、息子がピエール・ダモワ、
その息子がジャック・ダモワ、現在の4代目は甥のピエール・ダモワ。
ピエールが二度登場してんだねぇ。分かりずれぇ。
んでも、ワインは分かりやすタイプかなぁ。
特にブルゴーニュ・ルージュはねぇ。
口に含んだ時のジューシーさが良い感じだわなぁ。
開けたての香りは少しゴムっぽさと野性的な印象があっけど、
一口含むと赤いフルーツ系の香りと香水の様な香りが鼻から抜けるねぇ。
出汁っぽい旨みと強くはないけど丁度良い果実味、
余韻にバターっぽさと樽の香りが出てくるねぇ。
全体的には中々よく出来た印象のブルゴーニュかなぁ。
正直価格は高いと思うけどね。

2017年2-3ピエール・ダモワ・ブルゴーニュ・ルージュ仔牛のグリル

仔牛のグリル  7種類の温野菜 クリームソースとアンチョビソース

直火でじっくりグリルした仔牛。
クリーミーな味わいは仔牛ならではかねぇ。
昆布出汁で炊いた7種類の温野菜と一緒に優しさのコラボって具合かなぁ。
お出し系の旨みの有る赤ワインと良く合ってんねぇ。
全体の印象が有ってて、バランスいいねぇ。




④アルト・モンカヨ・ベラトン 
  2014年
  赤ワイン・・・・・ジャム、甘い香りの香辛料、バニラ、チョコ、葉巻、等々の香り、芳醇な果実味 後味ドライ
  原産国・・・・・・スペイン アラゴン
  ブドウ品種・・・ガルナッチャ
  価格・・・・・・・・4680円

毎年この時期に入荷して来んだわぁこの赤ワイン。
毎年も人気で巷じゃや品切れって感じらしいけど・・・
当店はのんびり売ってっから・・・しばらくは在庫してんねぇ。
パワフル系の味わいだけど渋みが強くないから早く飲める。
甘い果実味がしっかりと感じられんだきっども
アルコール(15.5%)の強さがあっから以外に甘さが後引かないんだよなぁ。
いがにドライな後味。
香りも要素がいっぱい入ってから面白いねぇ。
ジャムや甘いスパイス、チョコや葉巻の香り、スミレの花やバニラの余韻。
ようは、要素がいっぱい入った充実感タップリの味わいって事なんっきっどもねぇ。
毎年人気な理由も頷けるわなぁ。

2017年2-4アルト・モンカヨ・ベラトン仙台牛のグリル」

仙台牛モモ肉のステーキザクロソース 野菜の中華炒めと共に

塩麹で漬けた肉をギンギンに焼いたグリルパンでグリル。
那須やエリンギ、万願寺、二色パプリカを
甘辛い中華風の炒め物にして添えてあるところがポイントってか。
ワインとの相性がぐっぐっぐぐ~っとあがかんねぇ。
良い感じだなぇ。うちっぽいわぁ。




お食事 鯛茶漬け 香の物 

鯛骨と昆布で取ったお出しを掛けて擦りたての本山葵が効いてんねぇ。

鯛の胡麻和え釜炊きごはん鯛茶漬け

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

2月のカレンダー

2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
が定休日です。

ワインBAR 1月2週目の内容

2017年1月2
写真右から 

①ハッシュ・ヒース・エステート・バルフォー・1503・ロゼ・ドライ
  ノンヴィンテージ
  泡白・・・・・・・果実味強くふくよか 酸味はしっかり柑橘系 
  生産国・・・・・イギリス イングランド
  ブドウ品種・・ピノノワール55% シャルドネ40% ピノムニエ5% 
  価格・・・・・・・5780円

②アンドレ・ボノム・ヴィレ・クレッセ・レ・オー・デメナール
  2012年
  白ワイン・・・・・豊かな果実味 ネクターの様なねっとり感と樽の余韻 
  生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ ヴィレクレッセ
  ブドウ品種・・・シャルドネ
  価格・・・・・・・・5800円

③リュシアン・クロシェ・サンセール・クロ・デュ・ロワ
  2011年
  赤ワイン・・・・清涼感のあるハーブとイチゴの香り 塩味のあるミネラル感 
  生産国・・・・・フランス ロワール サンセール
  ブドウ品種・・ピノノワール
  価格・・・・・・・3500円

④バルディビエソ・カバーリョ・ロコ・グラン・クリュ・アパルタ 
  2012年
  赤ワイン・・・・・ピーマン・煙・ハーブ・味わいはしっかりとしたリッチスタイル
  原産国・・・・・・チリ セントラルヴァレー
  ブドウ品種・・・カルメネール53% カベルネソーヴィニヨン47%
  価格・・・・・・・・4380円




①ハッシュ・ヒース・エステート・バルフォー・1503・ロゼ・ドライ
  ノンヴィンテージ
  泡白・・・・・・・果実味強くふくよか 酸味はしっかり柑橘系 
  生産国・・・・・イギリス イングランド
  ブドウ品種・・ピノノワール55% シャルドネ40% ピノムニエ5% 
  価格・・・・・・・5780円

1503とは??と質問があった様なので!!
1602-004.jpg
「ハッシュ・ヒース・エステイト」のワイン造りは実業家として成功したリチャート・バルフォー・リン氏により2010年に始まったまだ新しいプロジェクトです。エステイトは1503年に建てられたチューダー調のマナーハウス、ハッシュ・ヒース・マナーを元にしており、ここは1980年代から現在のオーナーとなったバルフォー・リン家の自宅として使われています。丘の上に建つこの邸宅からは、ケント州のブドウ畑を取り囲む美しい景観を眺めることができます。←インポーター資料抜粋
と言う事らしいです。
因みに醸造は↓写真 ヴィクトリア・アッシュさん
1620_002.jpg
今や珍しくなくなった女性の醸造家。素敵ですね。
味わいはしっかりとした豊かな果実味を
キリッとした柑橘系のしっかりとした酸味が下支えするイメージ。、
と言う具合にメリハリがあっぺね。
しっかりとした食事にも良く合いそうだわ!

2017年1月2-1ハッシュ・ヒース・エステート・バルフォー・1503・ロゼ・ドライ点心前菜2種(豚焼売・蒸し鴨)生鱈の真空ヴァプールオリエンタル

前菜
点心2種 豚焼売 鴨の紹興酒漬け 鱈のヴァプールオリエンタル

3種の前菜いと共にロゼスパークリング!
しっかりとした味わいのロゼなので、
料理に負けずしっかりと寄り添ってんべぇ。
べりーぐっとでござんした。




②アンドレ・ボノム・ヴィレ・クレッセ・レ・オー・デメナール
  2012年
  白ワイン・・・・・豊かな果実味 ネクターの様なねっとり感と樽の余韻 
  生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ ヴィレクレッセ
  ブドウ品種・・・シャルドネ
  価格・・・・・・・・5800円

んん~??これはぁ??新大陸~???と思わせる様な
豊かな果実味が印象的なんだわぁ。
んでも、グレープフルーツみたいなフレッシュな酸味があっから
そこまでのしつこさはないねぇ。
樽の印象もすこぶるあんだけど、溶け込んだ印象。
余韻にバターの様なと言うよりは、
蜜のまったりした甘味があんね。
ほんのりと熟成?と思わせる滑らかな口当たりは
古木の旨みから来てっかなぁ。
ムルソー系が好きな方にはおすすめの白ワインだんベね。

2017年1月2-2アンドレ・ボノム・ヴィレクレッセ・レ・オー・デメナールオマールとスモークサーモンとフォワグラのコンソメテリーヌ

オマール、フォワグラ、スモークサーモンのコンソメゼリー寄せ
クスクスサラダ風味、生ハム、ピクルスと共に

なんつったてコンソメ作っとこから始めっからからねぇ、
以外に大変な料理なんだわ。
この手の料理が得意なお店って大変だわなぁ。
ご苦労様です。
自分で言うのもなんなんだけどね、よく出来た思うよ。
これレストランで食べたら唸ると思うわ。すげー!!!!ってさ。
それぐらい自分の中では高評価の一品になったねぇ。
ワインとの相性も良いねぇ。
全ての食材の一体感がワインのボリューム感と良く合ってるよ。
良いねぇ。




③リュシアン・クロシェ・サンセール・クロ・デュ・ロワ
  2011年
  赤ワイン・・・・清涼感のあるハーブとイチゴの香り 塩味のあるミネラル感 
  生産国・・・・・フランス ロワール サンセール
  ブドウ品種・・ピノノワール
  価格・・・・・・・3500円

ロワール地方サンセールと言うと
やっぱり白ワインの方が有名だけどねぇ。
赤ワインも捨てがたいねぇ。
清涼感を感じるハーブ的な香りと
イチゴの様な甘酸っぱい香り。
優しく広がる甘い果実味も程よくあってね、
飲みやすいタイプが多い印象だねぇ。
渋みは強くないからその点においても
飲みやすさが際立ってるねぇ。
そこに塩味系のミネラルをプラスしてるから
料理との相性も幅広いんだわ。
例えば魚料理との相性も良いよねぇ。
もっと売れても良い地域だと思うんだけどねぇ・・・。
価格とネームかな??

2017年1月2-3リュシアン・クロシェ・サンセール・クロ・デュ・ロワUSプライムトモサンカクのローストビーフ

USプライム トモサンカクのローストビーフ
揚げ茄子とルッコラ キノコのソース

牛肉はローストビーフ派?
ステーキ派?好みが分かれる所かなぁ。
香味野菜と香辛料、ワインなので3日間マリネしてから
直火で数時間ゆっくりとロースト。
トータルの優しさが出る料理だと思うので、
サンセールの優しさと良く合ってんねぇ。
ソースも言い感じだなぁ。




④バルディビエソ・カバーリョ・ロコ・グラン・クリュ・アパルタ 
  2012年
  赤ワイン・・・・・ピーマン・煙・ハーブ・味わいはしっかりとしたリッチスタイル
  原産国・・・・・・チリ セントラルヴァレー
  ブドウ品種・・・カルメネール53% カベルネソーヴィニヨン47%
  価格・・・・・・・・4380円

強烈さの中にあるボルドーの面影。
ピーマンやハーブの清涼感のある香り、
黒い色をした果実の豊かな風味、
スモーキーなフレーバー。
この手のワインにありがちな
強烈に広がる甘い樽香と言うよりは
ほんのりと広がる円やかな印象。
まだまだ若く苦みもありますので、
願わくば数年は寝かせて置きたい。
よく出来たワインだと思いますね。

2017年1月2-4バルディビエソ・カバーリョ・ロコ・グランクリュUSプライムトモサンカクステーキ

USプライム トモサンカクのステーキ
インカのめざめと菜の花 中川家のステーキソースで

荒々しくグリルした牛ステーキ、
トモサンカクは脂肪の多い部位ですので、
なるべく落とすようにこんがりと仕上げたい所。
数人前を一度に仕上げるって中々難しい仕事ですねぇ。
脂肪分と赤身のバランス、
しっかりとした味わいの赤ワインと相性が宜しいようです。




お食事 鯛めし カニと海老の真薯椀仕立て ぬか漬け 昆布と海老の有馬煮

お食事(鯛めし・カニと海老の真薯椀・香の物・佃煮)鯛めし

全行程を一人でそつなくこなせるには・・・・
まだまだですね。
要因は様々ですが、
美味しく楽しく過ごして頂ける様に尚一層の努力が必要ですね。
あとは量の問題だなぁ・・・。常に付きまとう課題だなぁ。
多けりゃ良いってもんじゃないからなぁ。
ほど良い量を目指します。

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

プロフィール

jirakuya

Author:jirakuya
ワインBAR 営業案内 毎週木・金・土曜日 営業時間19時~23時 要予約
グラスワイン4杯と料理4品のマリアージュコース。
予算(平均)コース1名様 7000円~10000円程度(ワイン&料理)
まどろっこしい事は一切ありません。お客様は何も考えずにテーブルに着くだけ、ワインに合わせた料理とグラスワインを用意しておりますので、只々楽しんで下さい。
コース内訳「ワイン」
グラスワイン4種類4杯提供、総額3000円~5000円程度(店内小売価格3000円~10000円程度の品。アイテムは毎週変更。おかわり大歓迎、ただし追加料金いただきます‼
コース内訳「料理」
4品コース 4500円(前菜2種類、メイン魚、メイン肉。 内容は毎週変更)
飲み足らない方の為のボトルワイン 抜栓料
店内小売価格
2999円までのワイン・・・・プラス1000円
3000円以上のワイン・・・・プラス500円
飲み切れないワインは是非お持ち帰り下さい。

まずは勇気をもって一度体験しみて下さい。ご予約お待ちしております。

運営
(有)中川酒店 栃木県宇都宮市上大曽町331-1
http://nakasake.net/ 電話029-624-8558

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード